2016年08月29日

宮澤賢治原画展2016 最終日

宮澤賢治原画展2016も最終日を迎えました。

■宮澤賢治に捧げる音楽会
演奏:フェリス女学院大学音楽芸術学科ゼミ生(指導:鈴木誠一郎)
8/25(日)14:00〜
無料・先着15名

最終日はフェリス女学院大学音楽芸術学科の皆様による演奏会がありました。



image-137be.jpeg


image-f13bb.jpeg


image-90b60.jpeg



宮沢賢治は37歳の生涯を過ごし、故郷である岩手の山々、岩石、植物、星や月を愛し、また、古今東西の文学や絵画、そして音楽を愛しました。
賢治の生き様や作品には、賢治の想いがたくさん詰まっています。

賢治の祈りや願い、想いが音となり、ギャラリーの中に響き渡りました。

最終日は作品と音楽を通じて、宮澤賢治の想いを辿る特別な時間を過ごすことが出来ました。
お足元が悪い中でたくさんの方々にご来場頂き、本当にありがとうございました。
9月は「タビとスナ」展、10月は「アジアの華」展を開催予定です。

お時間ある方、お近くの方、是非足をお運びいただけると幸いです。



posted by on the wind at 20:26| Comment(0) | exhibitions | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。