2012年10月25日

Art Review by Iibosi「夏展2012」

代美術レヴューサイトのライター、Iibosiさんに
「女子美夏展2012」のレヴューをご寄稿いただきました。

 女子美術大学の学生の作品が定期的に展示される、ギャラリーonthewind。今回は「夏展」にお邪魔し、2人の学生の個性的な作品について聞かせてもらった。

 「言葉の力に興味がある」という大武。特に、何気なく発せられた言葉が予想外の大きな影響を与える可能性に興味を持ち、「蝶の羽ばたきのごとき小さい力が地球の裏側の天候に波紋を起こす」というバタフライ効果という理論に重ねて表現した。音とは空気中を移動する振動なので、言葉を蝶の羽ばたきとして表現していることには、不思議と不自然さを感じない。

RIMG0333.jpgRIMG0337.jpg

また黒々とした影のような色をしている理由は、軽々しく発せられた言葉でもどのような形でどのような場所に影響を与えるかはわからない、という、言葉の重さや潜在的な力を表現したからだという。
たしかにこの世には様々な立場や状況が存在するため、空気中に特定の言葉が放たれれば場所によって予想外の反応をもたらす可能性はある。例えば大戦中のドイツ国民を鼓舞するヒトラーの演説は、敵国に届けば逆に否定的な攻撃の意味となる。
また表面上と異なった隠された意図を持つ言葉は、表と裏のどちらの影響を受けるかによって、人に異なった結果を与える。例えば「高い立場にいる自分の権力を示そう」という思いが含まれていたとしたら、12億以上のカトリック教徒の頂点に立つローマ法王の全世界に向けられた「愛と平和」を説く演説も、人によっては独裁者の自己顕示欲を満たす演説に似たものに聞こえるだろう。
さらに「うらめしや。憶えていろ」等の怨念を含んだ言葉は、長期間残留するのではないだろうか。何であれ何らかの思考から発せられ、その言葉による影響の結果を期待する言葉は、黒々として長く羽ばたきつづけ、各地に様々な波紋を及ぼすといえよう。
反対に、無邪気な裏表のない気持ちから発せられた、ただ言いたい気分だから言っただけ的な子供の言葉などは、例え暴力的であったり大人びた内容のものであったとしても、その蝶は現れた途端シャボン玉のように空気中に消えるのではないだろうか。言葉とは“無”から発せられ、一瞬にして空気中の無の空間へと回帰させることが、最も神聖で本来の言葉の使い方であるのかもしれない。

RIMG0353.jpgRIMG0355.jpg

 一見すると可愛いメルヘンチックな絵、といった印象を憶える佐野の作品。しかし伝えたいことは「この世界は全てが一つにつながっている」という壮大なテーマなのだ。
作品「日常」は、日常的なものをを一つ一つつなげてゆくと、全体的に予期せぬ面白い形が出来上がる、ということを表現した作品だ。女の子と、彼女をとり囲む環境に存在する、はさみ、本、洋服...などがつながり合って、一つの形を作っている。なんだか組み立て前のつながった状態のプラモデルパーツにも見えてくる。プラモデルは、一つ一つのパーツがランナーでつながり組み立てられるのを待っている状態から、切り離し組み立てて一つのモデル・世界が出来上がる。しかしつながったままの状態で広がっていって作り上げられる世界も、完成されたひとつの“モデル”といえよう。
「人間や周りの物などは、それぞれが目に見えない調和的なオーラやエネルギーを発していて、それによってつながり広がってひとつの世界を作り上げている...」彼女はそんなすべてが一体となった理想世界を表現しているのではないだろうか。
もしかしたら我々は、かつて組み立て前のパーツのように平面的にお互いがつながっていた時があって、そこから切り離され一つ一つのモデルとして独立して生きる運命を与えられたのではないだろうか。我々がそのパーツでつながっていた頃のランナー的な感覚を思い出せば、かつての理想的世界を取り戻せるのかもしれない。
日常.jpg繭.jpg

また一般的に、立体的な3次元のほうが、平面的で単純な2次元より空間的に優位性があるように思われそうだが、上下がなく横につながってゆく2次元的状態のほうが平等で崇高なものだったのかもしれない。我々の世界は2次元から3次元へと進化したもの、との説がある。しかし我々はかつて理想的な2次元世界に住んでいて、それからプラモデルが組み立てられるように、退化した3次元的な存在になってしまったのかもしれない...。そんなファンタジーに浸らせてくれる作品であった。

安東寛

ラベル:review
【関連する記事】
posted by on the wind at 16:46| Comment(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。