2008年06月01日

●「ママコのパンカゴ」  追加公演!2●

第2部

「物語」がパントマイムで語られます。
ママコさんの演じる人物達、切ないような、しかし面白くも。物語に引き込まれました。

○空飛ぶ男 パンカゴ
『パントマイム歌語(カゴ)の意でママコの造語、フランス文化の紹介者蘆原英了氏がママコのために翻訳した詞にマイムをいれたシャンソンマイムファンタジー』 

pa6jpg_1_p.jpg

○曲芸師 ロマンチックマイム
『恋と仕事の両立に悩む女の内側を曲芸師という男形に託す仕事の玉か恋人か、どちらも手玉にとれない哀切を』

pa7jpg_p.jpg



○風船のメルヘンマイム
『お別れの挨拶として』のパントマイム。
ママコさんが息を吹き入れると、徐々に大きくなっていく風船。
その形がはっきりと見えてくるような感覚が…。

pa8jpg_p.jpg

pa_p.jpg

ありがとうございました。


posted by on the wind at 20:33| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。